金型・部品加工業 専門コンサルティング

金型や部品の加工を営む製造業様を対象とする経営コンサルタント事務所です。金型・部品加工業 専門の中小企業診断士です。愛知県は三河(刈谷・知立・安城・岡崎・豊田など)や尾張(知多・大府・東海・名古屋など)の地区で、マシニングやワイヤーカットなどのNC加工、CAD、CAMをお使いの企業さまを支援いたします。お気軽にご連絡ください。




TEL.0566-21-2054(携帯電話は 080-5130-2065)
FAX.0566-95-5130
受付時間:平日 8:30~21:00
〒448-0853 愛知県刈谷市高松町5丁目

【金型や機械加工メーカーの生産管理】一品料理品の生産の稼働率を上げるには?①

【金型や機械加工メーカーの生産管理】一品料理品の生産の稼働率を上げるには?①

金型メーカーや機械加工業の原価管理。現場担当者に精度の高い日報を書いてもらえる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

金型メーカーや機械加工業が扱う一品料理品の生産の稼働率を上げる方法

 

こんにちは、金型・部品加工業 専門コンサルティング、

代表コンサルタントの村上英樹です。

 

今回のWEBコンサルは、2回にわたり、金型メーカーや機械加工メーカーにとっての

永遠のテーマ、一品料理品の生産管理をする方法をお伝えします。

 

それでは、どうぞ。

 

金型メーカーや機械加工業の皆様にとって、一品料理品の生産管理のポイントは、

ズバリ 「工数の見積もり精度を高める」ことです。

 

なぜなら、飛び込みの仕事などにより日々変化する生産計画に対し、対応できるのは

「前倒し生産」ぐらいしか対応策はなく、これを最も効率的に、かつ稼働率を高められる

効果を出せるのは、「工数の見積もり精度を高める」ことが最適だからです。

 

「いや、もう目いっぱい仕事やってるよ。残業もやってるし、土曜日だって仕事してるし」

 

わかります。金型メーカーや機械加工メーカーで23年仕事をしてきた私も

まったく同じ境遇でした。 とてもよく理解できます。

 

そのような中、製造業で働く皆さんは、割とパチンコが好きな方が多く、私と一緒に

仕事をしていた方々もその例外ではなく、やはり多少の残業はしたとしても、毎日

仕事の終わった後にはパチンコに行く時間は確保したいというのが絶対原則でした。

 

しかし受注した仕事の納期は守らなければならない、私はそのような状況の中、

生産計画や進捗管理を担当する立場でした。

 

そこで考え出したのが、次のような管理方法です。

 

まず生産計画は、2週間くらい先まで考えます。ポイントは、月曜日から土曜日まで、

毎日1時間きざみの単位で、一品一品の計画をカレンダーに割り当てていきます。

 

そこで必要になるのが、その一品一品の工数です。 これがポイントになります。

 

もし、とある部品の加工時間を「1日」と見積もったら、例えば、とある日、ある機械の

生産計画は、その部品だけで終わってしまうことでしょう。 これが良くないです。

 

もし「1日」や「8時間」ではなく、「7.5時間」と見積もったならば、計画をたてる人は、

その7.5時間の仕事のあとに、もう一つ、2時間ないしは1.5時間くらいの仕事を

入れることができます。 これがポイントです!

 

これを1日とか8時間と見積もってしまうと、「その日はその部品だけでいいや」と

次の仕事を入れることがなくなってしまいます。

 

皆さんお気づきだと思いますが、人間3時間で終わる仕事も4時間あると、

4時間かけてしまいます。

 

「その日はその仕事だけでいい」と言われると、残業をいとわない人は、残業してでも

その仕事だけで終わろうとしてしまいます。

 

さらには8時間でできるものを9時間、10時間かけて作ってしまうかもしれません。

しかし、これは悪いことではありません。管理上の問題なのです。

 

このように、一品料理品の生産管理のポイントは、「精度の高い見積もり」をすることなのです。

 

ベテラン課長や工場長が見積もることが多いと思いますが、これを何とか「1日」や「8時間」

ではなく、「7.5時間」や「6時間」など、後に仕事を入れられる工数の見積もりをしてください。

 

日をまたぐ場合も同様です。2日とか3日ではなく、「2日目は15時で終わる」とか「1日半」

と見積もれば、その後に仕事を入れることができます。

 

これによって前倒し生産が可能になります。例えば、7.5時間の仕事の後に、まだ先の納期の

仕事を計画に入れるのです。

 

そうすると私の経験上、7.5時間で見積もった仕事は、6時間や6.5時間などの時間で早く

終わられてくれます。

 

なぜなら、その後に次の仕事が控えているので、早く終わらせ早く帰るため、パチンコ

行くため、早く片付けてくれるのです。

 

これが、一品料理品で生産性を高めるおそらく唯一の方法です。

 

前倒し生産のもっと具体的なやり方は次回また詳しくお話しいたします。

 

そちらも楽しみにしてください。

 

金型・部品加工業 専門コンサルティング

代表:村上 英樹(中小企業診断士、元・プレス金型技術者)
愛知県刈谷市高松町5丁目 TEL 0566-21-2054

 

«

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA