金型・部品加工業 専門コンサルティング

金型や部品の加工を営む製造業様を対象とする経営コンサルタント事務所です。金型・部品加工業 専門の中小企業診断士です。愛知県は三河(刈谷・知立・安城・岡崎・豊田など)や尾張(知多・大府・東海・名古屋など)の地区で、マシニングやワイヤーカットなどのNC加工、CAD、CAMをお使いの企業さまを支援いたします。お気軽にご連絡ください。




TEL.0566-21-2054(携帯電話は 080-5130-2065)
FAX.0566-95-5130
受付時間:平日 8:30~21:00
〒448-0853 愛知県刈谷市高松町5丁目

【金型加工の原点】当コンサルタントが24年前初めて入った担当作業

【金型加工の原点】当コンサルタントが24年前初めて入った担当作業

切削する金型素材。エンドミルやスタイラス。木型や石膏モデル。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは。愛知県の経営コンサルタント、

金型・部品加工業 専門コンサルティングの代表の村上です。

 

私が24年前、あるプレス金型メーカーに入社して、初めて担当した作業が

図にあるような倣い加工機です。

先日、あるプレス金型メーカーを訪問させていただいた際に話題に出たので、

このことについて書いてみたくなりました。

 

当時勤めていた会社では、まだ3次元データ加工というものはまだ無くて、

下図の右側にある木型モデル、またはそこからとった反転モデルである石膏を使い、

左側にある金型素材となる鋼材を同じ形に削り出す、倣い加工によって、

製品形状を削り出しておりました。

切削する金型素材。エンドミルやスタイラス。木型や石膏モデル。

 

この倣いの仕組みはとても面白くて、セッティングに結構悩まされます。

 

というのは、右側のモデルをなぞるスタイラスと呼んでいた棒状のピンですが、

このピンは一定の力でモデルに触れ続けないといけません。

ですから、自分が設定する分だけ、このスタイラスがわざと倒れるように設定します。

例えば、0.1ミリとか0.2ミリとか。

 

そのレンジの分だけスタイラスが倒れ、左側の切削工具は、その分だけ

余分に多く切削することになります。

当時、その概念を理解するのに少し苦労しました。

 

さらにプレス金型は、「板抜き」という考えがあって、上型と下型で

素形材をプレスする際、製品の板厚分が、隙間として目的形状の形で

上下の金型の間に空いてなければいけません。

 

ですから、上型か下型のどちらかに板厚の分だけ、余分に

大きく削り込まないといけない。

 

そこで、右側のモデルに触れるスタイラスと、左側の切削側に取り付ける

切削工具(エンドミル)の直径に違いをつければ、モデルよりも指定した分だけ

大きさをオフセットした金型形状が出来上がります。

 

なんと素晴らしい機械でしょうか。

 

現在、倣い加工機は、リバースエンジニアリング、古い金型を復元する用途で

使われているようです。

たしかに木型も図面も無くなってしまった古い金型は、3次元CAD

再現することができませんから。

 

この倣い加工機は、プレス金型の考え方を踏襲した素晴らしい機械だったと

改めて思いだしました。

以上、代表コンサルタントの独り言でした。

 

金型・部品加工業 専門コンサルティング
代表:村上 英樹(中小企業診断士、元・プレス金型技術者)
愛知県刈谷市高松町5丁目 TEL 0566-21-2054

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA